FC2ブログ

津軽地域観光協会会長サミット

観光協会サミット01
この度、弘前観光コンベンション協会様の呼びかけで実現された、
「津軽地域観光協会会長サミット」。
平成22年1月29日(金)
弘前市ホテルニューキャッスルにて開催されました。

2010年12月東北新幹線八戸~青森間全線開通に向け、
中南津軽地域の観光協会及び関係団体それぞれの市町村が手を組み、
これからの広域観光を実現させるべく、
観光戦略共同宣言を行いました。

津軽地域の観光協会会長が勢揃いするのは初めてのことだと思います!


開催前の打ち合わせです。
自己紹介や共同宣言読み上げリハーサル等を行いました。
観光協会サミット02

会場には沢山の関係者や報道陣が集まっています。
観光協会サミット03

まず始めに、それぞれの会長から
2010年今年の抱負と未来に向けての意気込みをお話して頂きました。
写真は、当協会会長 村上信吾です。
観光協会サミット04

会長皆さんのお話の後は、
全会長、声を揃えて観光戦略共同宣言を読み上げました。
そして、最後に大館市観光協会会長 石田雄一様のご発声で
頑張ろう!三唱を行い閉幕しました。
観光協会サミット05

観光戦略共同宣言の全内容文です↓

近年、わが国では、交通網・情報網の急速な進展のもと、
生活圏の拡大・情報化が進んでいるところである。
国内外の観光客の動向も、世相を反映し、多様化しているところである。
今年12月には、いよいよ待望の東北新幹線が、全線開業となり、
交流人口の増加が期待されるところである。
津軽地域にあっても、この機をとらえ、多くの誘客を果たせるように
行動を起こすことが望まれるものである。
ここに津軽地域の観光関係団体が連携し、
一丸となって強力にプロモーションを推し進め、
もって地域の発展に寄与することを期して次のとおり宣言する。

一.津軽地域の情報・魅力を共有し、互いの地域資源を活かす
一.多様化したニーズに応える魅力ある観光資源を整備する
一.効果的なPR活動を行い、津軽地域の魅力を全国に発信する
一.おもてなしの心の更なる向上に努める

以上の宣言文を読み上げました。

最後に宣言文を読み上げました会長の皆さんをご紹介します。

左から、
社団法人 黒石観光協会会長 村上信吾。
平川市観光協会会長 小田桐信勝 様。
大鰐温泉観光協会会長 山口多喜二 様。
観光協会サミット06

左から、
目屋観光協会会長 関 和典 様。
岩木山観光協会会長 三上千春 様。
社団法人 大館市観光協会会長 石田雄一 様。
観光協会サミット07

左から、
藤崎町企画課長 小杉利彦 様
田舎館村産業課長 福士勝彰 様
社団法人 弘前観光コンベンション協会会長 清藤哲夫 様。
観光協会サミット08

by.jun
スポンサーサイト